審査

無職では審査はかなり厳しいと思われます、というより無理です。

審査で絶対なのは収入


収入のない人は審査が通りません、が基本原則です。

ただし、ご主人が安定した収入があり、合意がある専業主婦の場合、ご主人の収入に応じて消費者金融によっては借入することも可能です。


年齢制限


消費者金融には年齢制限があります。

20未満および70歳以上は審査どころか、申し込みさえ受け付けてもらえません。

消費者金融は、無担保、無保証人で即座に貸し付けでき利便性のある融資が特徴です、未成年者が消費者金融などの金融機関から借り入れしようとする場合、法定代理人が必要になります。

では70歳以上はと言うと、この年齢設定自体には各社違いがありますので、要チェックです。

消費者金融では先に述べました通り無担保融資を目的としていますので、年金を担保にした貸し付けを行っていないのが現状です。

職業による審査への影響


与信審査のなかった戦前の話です、現在では職業による審査への影響は考えなくてよいと思われます、一部上場の大企業にお勤めの方を優先するといった話は聞いたことがありません。

ゆえに正規社員ではないアルバイトの方でも、安定した収入があれば申し込みできます、審査に通る可能性は高いのです。
審査に要する時間
審査に時間がかかる要素を取り上げています
消費者金融の審査とショッピングクレジットの関係
消費者金融の審査とショッピングクレジットとは深い関係です。
職業による審査の有利性
職業による審査の有利性は若干あります。
債務整理後の借入
債務整理後の借入は、一定の期間、貸し付けが行われません。
借入残高とは
借入残高とはその時点での借入金額で、利息は含みません。
金融事故とは
金融事故とは、お金の返済が大きく遅れた、または返済されなかったことです。
消費者金融の審査に通らないのは職種や業種?
消費者金融の審査に通らない原因を分析しましょう。
個人信用情報
個人信用情報には、全ての申し込みから返済完了までのデータが保管されています。
消費者金融の与信審査
消費者金融の与信審査はどのように行われているのっでしょうか。