最低返済額とは

ほとんどの消費者金融会社の最低返済額は、残高スライド元利定額返済方式のより決定されています。

残高スライド元利定額返済方式とは、借入残高により最低返済額が変動することで、返済回数が各社規定の範囲以内に収まるよう計算するものです。

ただし、この返済回数で必ず返済してくださいと言うものではないようで、一つの計画例を表しているようです。

ここではプロミスを例にしてみます。

借入残高が30万円以下の場合
借入残高×3.61%(1,000円未満切り上げ)
返済回数が最長で36回

借入残高が30万円を超え100万円以下の場合
借入残高×2.53%(1,000円未満切り上げ)
返済回数が最長で60回

借入残高が100万円を超える場合
借入残高×1.99%(1,000円未満切り上げ)
返済回数が最長で80回

このように借入残高により比率が決まっています。

仮に30万円借りたとします。

300,000円×3.61%=10,830円

1,000円未満は切り上げになるので

月々の最低返済額
11,000円

となります。

この30万円の借入金の内、20万円を返済したところで新たに30万円借入れたとします。

借入残高は40万円となりますので、

400,000円×2.53%=10,120円

1,000円未満は切り上げになるので

月々の最低返済額
11,000円

となります。

このように月々の最低返済金額が求められるのですが、プロミス他、各消費者金融のホームページに返済シュミレーションという、自動で計算してくれるサービスがあるのでそちらを活用すると便利です。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。